10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

書中お見舞い申し上げます

2013年 07月08日 18:04 (月)

暑中お見舞い申し上げます

皆様お体に気をつけておすごしくださいませ


私にはこんな強い男前が見方についてくれていますので夏をすごせると思います・・・
130708男前豆腐CA392040
そうこの3人組みです
男前豆腐
うふふふ
このパックは小ぶりなのでお昼ごはん1人でいるときに便利~♪
納豆・おくらもトゥルッと食べやすい素材でございますよね


そしてこちら
130708小野さん&綾辻さんCA392043
下段:小野 不由美著
  左:丕緒の鳥 十二国記  (7月1日発売)
  右:残穢  (第26回山本周五郎賞受賞)
上段:綾辻 行人著
    十角館の殺人


丕緒の鳥:よかったですーーーよかったです===
    どこがって===どこがってーーーー・・・
    読んでほしいです
    苦労して苦労しても報われず、貧乏で貧しくても生きて行く人々の変わらない営みと
    一筋のあるかないかわからない生きる希望の光を探して一歩一歩進む人々
    をいろいろな人の立場からかかれています
    涙しました・・・
    地味だけどよかったあ
    山田氏の表紙&中扉絵も今回もよくって、絵葉書やら発売されたのでほしい~~です


残穢:  賞を受賞されたので急いで読みましたーーー
    怖かった=====
    途中からどないしょうか悩みそうになったくらい、怖かった 
    だから途中からさらっとスピードをあげて読んだっす
    単にお化け幽霊怨念の類だけではなく、日本の住宅事情や変わっていく風土のようなことも
    触れていてよく調べられた内容だったと思いました
    
     読んでいて不思議な気分になる本でしたねえ・・・
    良かったら読んでください
    夏にはいいかも・・・ぶるぶるっ
    
十角館の殺人:
     で、小野さんのご主人のご本も読みかけております
    偶然購入していまして全く知らなかったのでなんか不思議な気分です
    まだ途中なのでまた読んだら感想をUPするかもしれません 
    
そしてさらにPTA図書で借りた本です
130708PTA図書他CA392042
個人懇談までに読まないといけません
あはははははははは
何の笑いだろうか・・・
上の「男の3連チャン」豆腐とつながるかなあ~と思ったんですが

下段:有川 浩著
  3匹のおっさん
  3匹のおっさん、ふたたび
上段:和田 竜著
  のぼうの城 上
  のぼうの城 下

3匹のおっさん・3匹のおっさん、ふたたび
    はいはい、こちらは題名からして入りやすい題名だなあと発売当初も思っていました
    有川さんは枯れセン?(枯れセンとは、・・・割とご年配の方が好きってことです)の
    ようなことも何かでおっしゃっていましたねえ
    還暦になっても今どきの還暦の方々は昔に比べて体も心も軽やかでらっしゃるから
    このような作品は年齢問わず読みやすくっていいなあと思いました
    しかもこの登場人物は次どうなるの?大丈夫?みたいになってくるから不思議です
    キャラがたってるっていうんですか?
    有川さんの作品はとってもその辺りが上手に描かれていて早く次々読みたくなって
    読み終わるとき終わってほしくないな~と思うところがニクイです
    
    今年は作品がTVや映画で映像化されて文庫化された作品が確か発売されていませんが
    次回の作品も楽しみですね
    
    余談ですが表紙のイラストをお書きになった漫画家さん
    私も昔好きでした~♪実家にまだあるかも
    

のぼうの城 上・下
    すいませんまだ読んでいましぇーん
    主人が「面白いらしいで」というので借りました
    でも次々読む本があるので順番的に後になってしまった~~~
    「読んでもええよ」と主人に言いましたが「俺も5冊ぐらいひかえてるからあかん」そうです
    娘も「私かって5~6冊あるもん!」だそうです
    ・・・同じですね・・・
    ちなみに3人ともB型です・・・関係ない?
    17日までに読まなきゃー


今日はこれにて終了でございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント