01月 « 2018年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

おなかすいたな・・・

2010年 02月02日 23:14 (火)

今日は、月1のお人形教室の日でした。
ただし19時からお通夜があるので帰宅後頭を切り替えて
準備・準備。

昔最初に勤めた会社の取引会社の社長さん(59歳)が亡くなったとのことでした。

当時私も若く鼻っ柱だけ高く(?)がんばっちゃっているちびでした。
20年もまえのお話です(笑)
社長(以下おっちゃん)とは入社して1週間とたたないうちに名刺交換をしました。
当時デザイン会社のカメラマンだったおっちゃんはたぶーん
39さい(計算するとね、笑)ってわっかーい。
今の私くらいの年ですね。
その頃は「チョイ悪る」なんて言葉なかったんですが
私から見れば「チョイ悪る」どころか
めちゃ悪る!
新人ちゃんにとってみたらとおーい存在のおっちゃんでした。

私の職種は、アートディレクターといいまして
印刷屋のデザイン部門で実際のデザインやオペレーションは社内ではなく
外の会社に委託しておりました。
といいますのもデザインは、私の勤めていた会社などですると人件費だけで
アホほどかかってしまいます。
デザインそのものは残業や自給などで換算できません。
そこに感情や出来高などが入ってくるとちょっとした訂正もきいてくれません。
そりゃあデザイナーさんはこだわりがありますから。
適材適所のキャラクターもあります。
がちがちの機械系の冊子もあれば女性向けのファッションもある。
となるとどの分野でもできばえがよく
ま、適当な価格と言うのが欲しがられますね。
仕事の混み具合やその仕事にあったデザイナーに仕事をしていただくなどなど。
それをコーディネイトするのも私のお仕事でした。
もちろんたたき台をクライアントと作ったり、デザイナーと作ったり。
印刷物が出来上がるまでは営業さんとお供します。

で、写真は写真でコーディネイトする必要が当時ありましたので
写真のADというのが必要でした。
おっちゃんとは私の間にとphoto ADさんがいました。
後にphoto ADはデジカメの浸透によって消えていきます。

さて、私が入社3年?くらいでしたか
会社を退職をして新会社のデザインオフィス設立をされました。
そこからおっちゃんはカメラをさわることがへっていったようです。




なんか、長くなってきましたね・・・。
えーーーミカヱルルの過去が少し明かされ古きよき時代をいとおしく思い出しながら
書いております。
今回はこれくらいで寝ます・・・。

つづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント